ファミリー

赤ちゃんの肌を守る

容器

赤ちゃんに最適な保湿

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。大人と比べて、とても薄く未熟な肌をしており、湿疹などの肌トラブルを起こさないことが大切です。それには、肌のバリア機能を低下させないことです。特に乾燥は大敵なので、保湿することが何よりも重要になります。保湿には、乳液、クリーム、オイルなど、様々な商品がありますが、大人用のものを赤ちゃんの肌に使用するには注意が必要です。一般的な商品には合成の界面活性剤や保存料などの添加物が配合されることもあり、まだ未発達の赤ちゃんの肌には刺激になる場合があります。赤ちゃんの肌にはベビーローションが適してあます。オイルなどと比べ、ベビーローションは水分と油分のバランスが良く、塗りやすく馴染みやすい性質を持っています。また、塗ってあげる際に赤ちゃんとのスキンシップにもなり、肌の状態を把握出来ることも重要なところでしょう。

保湿の選び方

ベビーローションは、赤ちゃんの肌を考えて開発された商品です。着色料や保存料などの添加物を使用していないこと、低刺激であることが挙げられます。また、無香料のものや自然の成分で作られたオーガニックのものなど、赤ちゃんの肌への優しさに特化した商品も多く登場しています。赤ちゃんの肌も様々なので、口コミで評判の良いものなどの情報収集をし、肌に合うベビーローションを選んであげたいものです。清潔を保つために、お風呂も大切ですが、入浴の際に、肌を守っている油分まで流れてしまいがちです。そのままにしておくと、カサカサの乾燥肌が進み、湿疹が出来やすい不安定な肌になる恐れがあります。肌トラブルを起こして慢性化してしまうことだけは避けたいものです。とにかく、外部からの刺激や乾燥に負けないよう、お風呂上がりは特に保湿を心がけるようにしましょう。