赤ちゃん

赤ちゃんの湿疹

手

顔や体に赤い湿疹

赤ちゃんは肌が弱いため、湿疹がでやすいのです。乳児湿疹の原因は様々で、湿疹があらわれる場所は顔や体などになるのです。乳児湿疹には新生児ニキビ、脂漏性湿疹、あせも、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどがあるのです。新生児ニキビは、おでこに赤くブツブツしたニキビのようなものができるのです。このニキビは思春期の頃にできる物と一緒です。新生児ニキビは、生後一週間から一ヶ月までの間に発症することが多いでしょう。清潔な状態を保つことで、だいたい2ヶ月くらいで治るのです。毎日の入浴の時に、顔もしっかり洗ってあげるようにしましょう。その時は赤ちゃん用のボディーソープなどを使用するといいでしょう。余分な皮脂をしっかり落としてあげることが大切です。

湿疹が出たら病院へ

あせもは、夏場などの汗をよくかく時期にあらわれやすいのです。あせもができる場所は、首の周り、背中、おしりなどの蒸れやすい場所に多くみられるのです。かゆみがあるため、赤ちゃんが引っ掻いてしまう恐れがあるので気をつけましょう。汗をかいたら、こまめに着替えさせてあげることが大切です。赤ちゃんは体温が高いので、洋服を着させすぎたり布団をかけすぎたりすることで汗をかいてしまうのです。こまめにチェックして見てあげるようにしましょう。食物アレルギーは、赤い湿疹が口周り、口の中、全身などにあらわれるのです。症状が重いと下痢、呼吸困難、鼻水、鼻づまりなどの症状があらわれるのです。アレルギー検査を行うことで、症状の出る食べ物などがわかるでしょう。乳児湿疹は悪化してしまうこともあるので、症状を見逃さないようにしましょう。乳児湿疹が発生したら早めに病院で診てもらうことが大切です。

赤ちゃんの肌に保湿を

ボトル

今は女性の化粧品と同じように、赤ちゃんの肌にも一本で潤いから保湿までしてくれるものもありますが、ベビーローション、ベビーオイルできちんとボディタッチしてあげて、肌のケアをしてあげることも赤ちゃんの肌のためにも必要です。

» 読んでみよう

赤ちゃんの肌を守る

容器

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。湿疹などのトラブルを未然に防ぐには、しっかり保湿をすることが大切です。保湿には、なるべく添加物の入っていない低刺激のベビーローションが適しています。赤ちゃんに合った優しいベビーローションを選んで、未熟な肌を守ってあげましょう。

» 読んでみよう

上手に選んでいきましょう

瓶

ベビーローションはどれを買えば良いのか迷うなら、インターネットの口コミはもちろん、ランキングなども参考にしていきましょう。もしも乾燥肌の赤ちゃんなら、それに適したベビーローションを使い、アレルギー反応が出ないかも考慮しておくと安心です。

» 読んでみよう